2010年03月25日

講師冥利に尽きます!

今日はレッスン日で、
いつもなら午前中に大人の英会話クラスが2つあります。
平日午前中クラスは、生徒さんの殆どが子育て中のママたち。
もう春休みに突入していることもあり、
お子さんのお世話で英会話どころではないようですあせあせ(飛び散る汗)

…ということで、2クラスともキャンセルになったので、
珍しくこんな時間に更新しています。

年度末ということもあり、いつにも増して忙しい状況に陥っています。
今年度の締めとしてのNPOの会計収支報告、そして新年度の準備です。

先週からは、体験レッスンや新しいイベントの企画書作成などに専念していました。
もちろん、通常のお教室やイベント、翻訳などのお仕事は、同時並行です。
ギリギリのところを何とか綱渡りしていた感じでしょうか爆弾
ちょっと落ち着いたので、やっとブログの更新ですexclamation×2


最近、体験レッスンを行うことが多いのですが、
そんな時、見学に来ているお母様方から嬉しい言葉を頂きましたるんるん

今春、新設する「中学生英会話コース」の体験レッスンに来たMちゃんとMちゃんママ。
体験レッスン後、「このコースもやりたい!」というMちゃんに、
Mちゃんママが微笑みながら、私にこうおっしゃいました。

「先生に憧れて、英語の通訳とか翻訳とかしたいって言っているんです!
英語大好きなんですよ!」


Mちゃんは、私のところに通い始めて2年になる将来有望な女の子。
今度中学生になります。中学校の英語の授業にもわくわくしているよう。

「じゃあ、将来、先生のお手伝いしてね!」とMちゃんにお願いしておきました。
良い人材は、早めに唾を付けておかないとひらめき


そして、小学生のお子さんの英語教室をお探しで、
ママ友を経由して、私のレッスンを見学されたお母様からは、
素敵なメールmail toを頂きました。

「先生の英語の問いかけが、思った以上に早口だったのに、
子供たちと会話が成立してる事に驚きました。
また、見学してる私が、焦ってるのにもびっくり。
楽しい中に、緊張感を感じたのかなと思いました。」


私のレッスンは、レッスン中の指示も含めて全て英語で行います。
英語で英語を教えるTEEメソッドで、レッスンを進めているからです。

TEEメソッドは、私のオリジナルのティーチング法なのですが、
「英語を英語で教える」ということに実感を持てない方が殆どです。

「既に外国人の先生が学校で英語だけで教えているでしょう?!」

「全部英語で授業をするなんて無理に決まってます!」


↑大体この2つの意見に二極化されます。
でも、学校に張り尽きの外国人の外国語指導助手(ALT)は、
残念ながら英語だけでは英語を教えていません。
教育現場では、英語だけで理解させるのは無理という前提があるようで、
日本語で説明することが求められます。日本人の先生が訳されていたりもします。

もったいないどんっ(衝撃)
小学生だって英語だけで授業ができますよ。
否、小学生から英語だけで授業を始めるからこそ、英語だけの授業が成立するんです。

色々試してみましたが、中学生から始めるには遅すぎました。
思春期ということもあり、英語を話すことにかなり抵抗しますバッド(下向き矢印)

授業で基本文や単語などを学ぶことも、もちろん大切です。
でも、それ以上に、先生の自然な英語の語りかけが、日常英語の習得に繋がるんです!
生活の中でよく使われる英語表現を知らなければ、絶対に英語は話せません!



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

生徒たちからの義理チョコ

DSC00010.jpg

Valentine's Dayですね黒ハート

今日は中学生の学年末試験に備えて、臨時「お勉強カフェ」をオープンしました。

ヴァレンタイン・デー当日ということもあり、
中学1年生の女の子たちから手作りチョコを頂きましたグッド(上向き矢印)

今の女の子って、チョコレートを手作りするんですね〜
見た目もホント可愛いし、女の子ってこんな楽しみもあるんですね。
私なんて、自慢じゃないけど、手作りしようという発想すらありませんが...たらーっ(汗)
頂いたチョコレートは、ひとつひとつ大切に味わおうと思います。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ジョギングで国際交流?!

IMGP4034.jpg IMGP4037.jpg


12月の半ばからほぼ毎日3kmのジョギングを始め、1ヶ月が過ぎようとしています。
水戸でジョギング&ウォーキングのメッカといえば、千波湖ですexclamation×2
そう千波湖1周が3kmなのです。

三日坊主の私がよく1ヶ月も続いたものだと我ながら驚いているのですが、
走ることが日課になってしまうと、走らないと気持ち悪くなってしまうようです。

昨日の午後も仕事の合間に千波湖まで車を飛ばし、
いつも車を停める湖畔の駐車場に車を置こうと思ったのですが、
何故か駐車場は満車状態で停められず、湖畔にいくつかある駐車場を巡ってみたのですが、どれも満車車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

そうこうしている内に、携帯に仕事の電話がいくつか入り、
それに対応している間に時間も経ってしまったので、ジョギングは諦めて帰ろうかと思いつつ、
ダメ元で最初に行った駐車場に戻ってみることにしました。

するとその駐車場に、以前お会いしたことのある外国人の姿を発見。
その彼が私に向かって「こっちまで入ってきて停めれば?」的なジェスチャーを送ってきました。

車の窓を開けた私に、彼は気さくに話し掛けてきました。
「そんな入り口のところで待っていたら、いつまでも駐車出来ないよ!
みんなモラルが無いからね。」

確かに私のように、駐車場の入り口で誰かが出るのを待っている車なんて一台もありません。
後から来ても、私の車を追い越して、出そうな車の後ろにピッタリ付いて、出た途端に車を入れてしまうんです。

私に話しかけてきた外国人の彼は、エジプト出身のガライヤさんといい、
NPO法人エチオピアの未来の子供の理事長をされている方です。

それにしても同じ時間に千波湖にジョギングに来て、
同じ駐車場で出会うなんて凄い偶然ですexclamation×2

ガライヤさんはイギリス出身の友達を連れていました。
2人とも今月末にひたちなか市で行われる勝田マラソンにエントリーしたので、
その練習に走りに来たとのことでした。

そんな2人が私に一緒に走ろうと誘ってくるじゃありませんか爆弾
マラソンにエントリーするような男性たちと、
練習とはいえ一緒に走れるわけが無いと辞退したのに、
「大丈夫だよ」と全く取り合ってもらえず、成り行きとはいえ、
エジプト人、イギリス人、そして日本人の私...
何だかインターナショナルな組み合わせの3人が並んで走ることになったのでしたあせあせ(飛び散る汗)

しかし自分より速い人たちと一緒に走るのは、ペースダウンを防ぐ意味でも、
またタイムアップを図る意味でも、非常に効果的なことが分かりましたね。
今まで独りで走っていた時には、3kmは20分を切れなかったのですが、
今回はイギリス人の彼がストップウォッチでタイムを計ってくれていて、なんと19.20分exclamation×2
私にとっては、自己ベストでするんるん

でも、走りながら英語で話すっていうのは、
最初はいいけど、疲れてくると、神業に近い荒行ですどんっ(衝撃)




↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

仕事始め

IMGP3938.jpg

IMGP3942.jpg

IMGP3944.jpg

IMGP3946.jpg


暦の関係からか、今年はお正月三願日が終わった今日が
初仕事だった企業も多かったようですが、私は明日が仕事始めです。
いつもは2週間ぐらい頂いている年末年始のお休みが、今回は1週間でした。
何だかあっという間に終わってしまったような...

年末はR子の旦那さまが勤める会社から翻訳の仕事を頂きました。S夫妻に感謝exclamation×2
ある自治体のパンフレットを英語にするというもので、
ウチのNPOでも「翻訳・通訳」事業は行っているけれど、PRしていないこともあり、
また昨今の不況の影響あり、なかなか翻訳の仕事を頂く機会に恵まれなかったのです。

自治体のパンフレットの英訳はかなり面白かったし、何よりも自分自身の勉強になりました。
なるべく原本に忠実にしようとすると、
英語では何の意味も成さなくなってしまうことも多いんです。
どこまで意訳するか、翻訳する側の解釈とそのさじ加減で、
原本は同じでも翻訳は全く違ってしまうわけです。

自分なりの解釈で翻訳を終えてから、アメリカ人の知人に『Native Check』をお願いしました。
近所に住む彼は、国立大学の講師をしているインテリで、校閲にはぴったりの人物だと思ったから。

事前に彼にメールで翻訳を添付して送ったところ、
それに目を通した彼から早速返事が来ました。その一部がこちら↓

i don't have too much time to look it over but what i did see is what i was talking about and it looks as if parts need to be re-written... you did a great job on the translation, really! but i think it needs some changes here and there...

「そんなに時間を掛けて見ていないけど、私が言ったとおり、部分的に書き直しが必要だと思う...でも、君の翻訳は良く出来てるよ、本当に!だけど、あれこれいくつか変える必要があると思う...」

本文に「look over」というイディオムが出て来ていますが、
校閲することを「look over and correct」と言ったりします。
「here and there」は、「あれこれ」ぐらいのニュアンス。

さて、そのアメリカンの彼が校閲に遣って来た際に、
片手に抱えてきたのが上の写真の「Cooking Book」。
そして、「貸してあげるよ」と私の元に置いていったの。

カリフォルニア出身の彼のお気に入りのレストランのレシピ本とのこと。
なんと厚さは4cm弱もある!料理本なのに、写真があまり掲載されていない。
あまりの分厚さに、さっとページを捲って、飛ばし読みしたところによると、
この料理本の筆者のシェフは、フランスで修行されたみたい。やっぱりね!

実家に帰ってきていたイワシが、3日に遊びに来てくれました。
お正月料理にはもう飽きているだろうと思って、
以前からご馳走すると豪語していた「ブルターニュ風そば粉のクレープ」を作ったのに、
火加減を誤り焦がしてしまった...玉子によく火が通るようにと火にかけ過ぎたのが原因バッド(下向き矢印)
この「Cooking Book」でリベンジ企画でもやりますかexclamation&question



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

交流会

IMGP3886.jpg
つくばの「インカローズ」にて。



1ヶ月間も完全に放置していたこのブログ、やっと更新できた。

この間、精神的にも肉体的にもストレスでボロボロ...
でもその分、今まで気付かなかったことに気付くことができ、
それを境に新たな仕事や出会いが舞い込んでくることになった。

試練とは忌み嫌うものではなく、そこに孕まれている「呼びかけ」を聞くことで
思いもしなかった現実が開けたりする。
私にとっては「人生の棚卸し」とでも呼ぶべき、ターニング・ポイントだったとつくづく思う。


そんな新たな出会いのひとつが、先日の土曜日につくばで行われた
「一歩踏み出すキャリア養成講座シリーズVO.5/特別交流会編」
に参加させて頂いたことだろうか。

主催者は、クリエイティブディレクターの尾又さん。
彼が開催している「つくば市民大学」の講座に、
この夏参加させて頂いたのがご縁でご連絡を頂いた。

即行で参加の返事をさせて頂いたのは、
既に新たな出会いをいくつか頂いていたということもあり、
この流れに乗ってみようと思ったことと、
やはり元来の好奇心旺盛な性格が顔を出したということだろう。

つくばと水戸で交流会を開催するとのことだったが、尾又さんから
「なかなか魅力的な方々が集まるので、つくばに参加しませんか?」
とお誘い頂き、せっかくお声掛けして頂いたのでお邪魔させて頂くことにした。

10名ほどのアットホームな集まりだったが、
集まった方々は「しっかり自分を持っている方々」という感じ。

それもそのはずで、皆さん、新たなフィールドの開拓者だったり、
スペシャリストだったり、経営者だったり...
それぞれが「speciality」を持って発信している方々。
いろんな分野で頑張っている方々を知り、良い刺激を頂いた一夜だった。

今回、出会いを頂いた皆様、ありがとうございましたexclamation
またお会いできますようにexclamation×2


この1ヶ月間、人との出会いを改めて考えた時だった。
そんな時、ふっと昔観た映画のフレーズが脳裏に浮かんできた。
結局、縁ってこういうモノなのじゃないかとつくづく思う。
その縁を無理に手放す必要はないけれど...

If you want something very badly,
set it free.
If it comes back to you, it's yours forever.
If it doesn't, it was never yours to begin with.


「どうしても欲しいものがあるなら、手放してみるといい。
もしあなたの元へ戻って来たら、それは永遠にあなたのものになる。
もし戻って来なかったら、それは初めからあなたのものじゃなかったってことだ。」



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 13:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ハロウィン・パーティの準備

IMGP3724.jpg


明日と明後日と2日続けて、ハロウィン・パーティを開催するため、その準備に追われている。

この写真は、協力家庭に事前に配っておくキャンディやお菓子を詰めた袋。
ここは日本なので、子供たちがキャンディを貰いに知らないお家を訪ねることは難しい。
そこで考えたのが、予めご協力家庭にお願いしておいて、子供たちが訪ねた時に配って頂くと言うもの。
昨日と今日で既にこの倍は、協力家庭にお届け済みである。

去年もブログに書いたが、ハロウィンはカルトっぽくて、由来がハッキリしないので、
元々私はうちの教室の子ども達のためにパーティをする気は毛頭無かった。

しかし、ここ数年で、ハロウィンがこれだけ市民権を得てしまうと、
何もしない方が申し訳なく思ってしまう。しかも、子ども達からリクエストがあれば尚更だ。

こんな機会でもなければ、子供たちが薄気味悪いもの、怖いものなどを、
英語で覚えることは無いのかもしれない。最近はそう思えるようになった。

今年は10月は「ハロウィン・スペシャル」として、昨年も使用したハロウィン・カードを使って、
「Memory Matching」(メモリーマッチング:神経衰弱)をレッスン中も行っていた。
本番のハロウィン・パーティでは、いくら同じカードを探し出せても、
英単語をちゃんと言えなければカードは獲得できないことにした。

俄然、子ども達は必死で、「graveyard」(墓場)とか、「mummy」(ミイラ)とか、
「haunted house」(お化け屋敷)なんていう薄気味悪いものの名前を覚えることになるわけだ。
そういう意味では、ハロウィンも悪くない。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

英検合格者続出!

私のスクールから、6月に行われた英検の合格者が続々出ている。
最初に言っておくと、私は生徒たちに積極的に英検を勧めているわけではない。
むしろ、その反対と言ってもいい。
無論、私のスクールに英検対策コースがあるわけでもない。

「受けたければ受ければ〜!
やる気があるなら、お勉強カフェの時に指導するよ。」
といった具合の態度で、あくまで生徒次第というスタンスを取っている。

中学1,2年生に英検4級、中学校を卒業するまでに3級を勧める自治体や学校は多い。
英検4級は中学2年生までの学習範囲が出題されるが、
現在の中学2年生でも、未だ出題範囲を全て学校で学んでいない。

それで英検受験を勧めるということは、各自の自主学習か、
又は私塾などの外部指導に期待していると言うことだろうかexclamation&question
まあ、一次の合格の正解率は6割というから、比較的合格し易いという利点はあるが、
私にはどうも腑に落ちない。

私は自然体ということを語学学習理念においている。
早く早くと急き立てるような「詰め込み」はせず、
個々の語学の可能性を引き出すことを大切にしている。

中学生対象の自主学習の場、お勉強カフェでは
英検前に参考書やテキストを広げている姿が目に付いた。
生徒たちからのリクエストで臨時のお勉強カフェも開設した。

大人のクラスからも英検2級合格者が出た!
中学2年生の息子さんを持つママのKさんは、息子さんが準2級を受験するというので、
ご自分は2級にチャレンジされ無事に合格された。

Kさんは元々英語のボキャブラリーもあり、文法もしっかりしていらっしゃるので、
合格は当然と言えば当然の結果なのだが、
英語サロンで学んだ単語やイディオムが結構出題されました。
英語サロンがとても役に立ちました!」
とおっしゃって下さった。

私は特別何をしたわけでもないので、お礼を言われるには及ばない。
英語サロンで英語のフリートーキングを楽しみ、それが英検にも役立つ、
また、お勉強カフェで自主的に英検の勉強をする。
このような姿勢が自然に英語を学ぶことだとはいえないだろうか。

余談ではあるが、
中学生たちには英検合格を祝って、有名パティスリーのケーキをねだられ、
みんなでお祝いをしたことを記述しておこう。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 22:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

怒涛のような数日間

先週の金曜日から月曜日まで、かなりタイトなスケジュールだった。

金曜日。
午前中:資料作成、
12時〜13時半:美容室へ。この日のこの時間帯を逃すと、今度はいつ美容室に行けるか分からない...
13時45分:ガソリンスタンドへ。鳥の糞で汚れた愛車を洗車する。
その足で常陸大宮にある寺子屋ohmiyaへ向かう。金曜日は寺子屋ohmiyaの日だ。
15時:プライベートレッスン、
それから小学生クラス、中学生クラスと22時半まで怒涛のようにレッスンが続く。
24時:水戸に到着。
24時〜3時半:資料作成のため、パソコンに向かう。


翌日の土曜日は...
午前中:水戸内原中央公民館にて「キッズ・メイツ」のレッスン。
小学1〜3年生と小学4〜6年生の2クラスを担当する。
12時過ぎ:墓参り。公民館から左程遠くない所にある叔父の墓へ命日のお参り。
13時40分:英語サロンが始まる20分前に滑り込みセーフ。
買ってきたお弁当を急いで頬張る。
14時:英語サロンの参加者がいらっしゃって、サロンがスタート。
17時:サロン終了。
17時15分:臨時の「お勉強カフェ」オープン!
サロンから帰る参加者たちとすれ違いに、今度は中学生たちがやって来た。
中間テストが近いので、中学生たちのリクエストに応える形での開講となった。
20時:「お勉強カフェ」終了。当初17時から19時までの予定だったが、
結局20時まで子ども達に付き合うことになった。
21時〜1時:仮眠
1時〜6時:理事会と総会の配布資料、月曜日のプレゼン資料の準備。
結局、殆ど徹夜となってしまった。


日曜日。この日のメイン・イベントは当NPOの総会exclamation×2
10時〜13時半:理事会
14時〜17時:総会。他の正会員たちも加わる。
なかなか頻繁に顔を合わすことができないメンバーもいるだけに、場は大いに盛り上がり、
終了予定時間を越えても皆が活気あるディスカッションを行っていた。
この日もほぼ徹夜...プレゼン資料の訂正があったからだ。


月曜日。
10時〜11時:フランス語の振替えレッスン。
11時過ぎ:理事が車で迎えに来て、高速道で茨城県南まで跳ばす。
13時半:地元のPTA会長さんと待ち合わせ。小学校へ向かう。
14時〜16時半:校長先生と会談。教員研修のプレゼンを行う。
18時:水戸着。急いで常陸大宮へ向かう。
19時〜20時:寺子屋ohmiyaにて、高校生レッスンを行う。
21時:水戸着。


連日ほぼ徹夜続きだったが、
こうなるとテンションが勝手にナチュラルハイグッド(上向き矢印)状態になっている。
月曜日の夜は早く眠れるにも関わらず、何だか目が冴えてしまって、
なかなか寝付けなかった。
疲れは翌日の火曜日まで長引いてしまい、
2日が過ぎてやっと本調子に戻ったかと思ったが、
こうしてブログを書いているうちに、ほら、もう夜中の3時を過ぎている。
早く寝なければ...

それにしても、今回のブログは、
すっかりシステム手帳と化してしまったかのような感があるたらーっ(汗)




↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ

posted by Dr. Lingua at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。