2010年01月19日

ジョギングで国際交流?!

IMGP4034.jpg IMGP4037.jpg


12月の半ばからほぼ毎日3kmのジョギングを始め、1ヶ月が過ぎようとしています。
水戸でジョギング&ウォーキングのメッカといえば、千波湖ですexclamation×2
そう千波湖1周が3kmなのです。

三日坊主の私がよく1ヶ月も続いたものだと我ながら驚いているのですが、
走ることが日課になってしまうと、走らないと気持ち悪くなってしまうようです。

昨日の午後も仕事の合間に千波湖まで車を飛ばし、
いつも車を停める湖畔の駐車場に車を置こうと思ったのですが、
何故か駐車場は満車状態で停められず、湖畔にいくつかある駐車場を巡ってみたのですが、どれも満車車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

そうこうしている内に、携帯に仕事の電話がいくつか入り、
それに対応している間に時間も経ってしまったので、ジョギングは諦めて帰ろうかと思いつつ、
ダメ元で最初に行った駐車場に戻ってみることにしました。

するとその駐車場に、以前お会いしたことのある外国人の姿を発見。
その彼が私に向かって「こっちまで入ってきて停めれば?」的なジェスチャーを送ってきました。

車の窓を開けた私に、彼は気さくに話し掛けてきました。
「そんな入り口のところで待っていたら、いつまでも駐車出来ないよ!
みんなモラルが無いからね。」

確かに私のように、駐車場の入り口で誰かが出るのを待っている車なんて一台もありません。
後から来ても、私の車を追い越して、出そうな車の後ろにピッタリ付いて、出た途端に車を入れてしまうんです。

私に話しかけてきた外国人の彼は、エジプト出身のガライヤさんといい、
NPO法人エチオピアの未来の子供の理事長をされている方です。

それにしても同じ時間に千波湖にジョギングに来て、
同じ駐車場で出会うなんて凄い偶然ですexclamation×2

ガライヤさんはイギリス出身の友達を連れていました。
2人とも今月末にひたちなか市で行われる勝田マラソンにエントリーしたので、
その練習に走りに来たとのことでした。

そんな2人が私に一緒に走ろうと誘ってくるじゃありませんか爆弾
マラソンにエントリーするような男性たちと、
練習とはいえ一緒に走れるわけが無いと辞退したのに、
「大丈夫だよ」と全く取り合ってもらえず、成り行きとはいえ、
エジプト人、イギリス人、そして日本人の私...
何だかインターナショナルな組み合わせの3人が並んで走ることになったのでしたあせあせ(飛び散る汗)

しかし自分より速い人たちと一緒に走るのは、ペースダウンを防ぐ意味でも、
またタイムアップを図る意味でも、非常に効果的なことが分かりましたね。
今まで独りで走っていた時には、3kmは20分を切れなかったのですが、
今回はイギリス人の彼がストップウォッチでタイムを計ってくれていて、なんと19.20分exclamation×2
私にとっては、自己ベストでするんるん

でも、走りながら英語で話すっていうのは、
最初はいいけど、疲れてくると、神業に近い荒行ですどんっ(衝撃)




↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

高校の同窓会

IMGP3993.jpg


3連休の真ん中1月10日に、無事に高校の時の同窓会を行うことが出来ましたグッド(上向き矢印)

というのも、この同窓会、私と親友のおーみが自主的に幹事になり、
皆に声を掛けて開催したものだったので、正直どれくらいの人数が集まるか蓋を開けるまでは分からないといった感じで、最後までドキドキ爆弾ものだったけれど...

でも、皆のお陰で、ほぼ半数のメンバーが集うことになり、
また2人の担任の先生も快くご参加下さって、久し振りに懐かしい出会いの時を頂きました。

私たちのクラスはいわゆる特進クラスというヤツで、
30名ほどの少人数で3年間クラス替えなしという特殊な環境。
その上、女子高とくれば、クラスメートとの親密度かなり高い。
しかも2人の担任の先生も女性とくれば、
昔話や近況報告に花が咲かないわけがありません。

偶然にも高校を卒業してから、ちょうど20年目の開催となり、
何か節目のような感じがしていました。

何よりも不思議だったのは、20年という時間を越えて、皆があの当時に戻れること。
しかも、あの当時、それ程話をしなかったクラスメートとも自然に打ち解けて、
気軽に話ができたりする。「私たちも大人になったんだなぁ」なんて思ったりして。

同窓会の翌日に数人の友達からメールが届いたけれど、
みんな「昔の友達っていいよね!」と書かれていた。
私も同感!学生時代に同じ時間を共有しているって、実はとても素敵なことなんだね!

T先生も、S先生も、20年前と殆どお変わりになっていらっしゃらないのでびっくり!
お2人とも、素敵に年を重ねていらっしゃるのだと実感しましたひらめき
私も是非見習いたいと思います。

本当は皆で撮った集合写真でもアップしたいところですが、
全員に許可を頂いていないので掲載は出来ず、かといって、写真がないと何となく寂しいので、写りが悪い私の写真をとりあえずアップしておきます。
同窓会当日は、一応、司会をさせて頂きました。
雰囲気だけはお分かり頂けるかも...

ここで、ひと言英会話exclamation×2
同窓会などで思わず口に出る「懐かしいな〜!」という言葉。
↓英語ではこう言います。是非、使ってみて下さいね!

It brings back the memories.



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

仕事始め

IMGP3938.jpg

IMGP3942.jpg

IMGP3944.jpg

IMGP3946.jpg


暦の関係からか、今年はお正月三願日が終わった今日が
初仕事だった企業も多かったようですが、私は明日が仕事始めです。
いつもは2週間ぐらい頂いている年末年始のお休みが、今回は1週間でした。
何だかあっという間に終わってしまったような...

年末はR子の旦那さまが勤める会社から翻訳の仕事を頂きました。S夫妻に感謝exclamation×2
ある自治体のパンフレットを英語にするというもので、
ウチのNPOでも「翻訳・通訳」事業は行っているけれど、PRしていないこともあり、
また昨今の不況の影響あり、なかなか翻訳の仕事を頂く機会に恵まれなかったのです。

自治体のパンフレットの英訳はかなり面白かったし、何よりも自分自身の勉強になりました。
なるべく原本に忠実にしようとすると、
英語では何の意味も成さなくなってしまうことも多いんです。
どこまで意訳するか、翻訳する側の解釈とそのさじ加減で、
原本は同じでも翻訳は全く違ってしまうわけです。

自分なりの解釈で翻訳を終えてから、アメリカ人の知人に『Native Check』をお願いしました。
近所に住む彼は、国立大学の講師をしているインテリで、校閲にはぴったりの人物だと思ったから。

事前に彼にメールで翻訳を添付して送ったところ、
それに目を通した彼から早速返事が来ました。その一部がこちら↓

i don't have too much time to look it over but what i did see is what i was talking about and it looks as if parts need to be re-written... you did a great job on the translation, really! but i think it needs some changes here and there...

「そんなに時間を掛けて見ていないけど、私が言ったとおり、部分的に書き直しが必要だと思う...でも、君の翻訳は良く出来てるよ、本当に!だけど、あれこれいくつか変える必要があると思う...」

本文に「look over」というイディオムが出て来ていますが、
校閲することを「look over and correct」と言ったりします。
「here and there」は、「あれこれ」ぐらいのニュアンス。

さて、そのアメリカンの彼が校閲に遣って来た際に、
片手に抱えてきたのが上の写真の「Cooking Book」。
そして、「貸してあげるよ」と私の元に置いていったの。

カリフォルニア出身の彼のお気に入りのレストランのレシピ本とのこと。
なんと厚さは4cm弱もある!料理本なのに、写真があまり掲載されていない。
あまりの分厚さに、さっとページを捲って、飛ばし読みしたところによると、
この料理本の筆者のシェフは、フランスで修行されたみたい。やっぱりね!

実家に帰ってきていたイワシが、3日に遊びに来てくれました。
お正月料理にはもう飽きているだろうと思って、
以前からご馳走すると豪語していた「ブルターニュ風そば粉のクレープ」を作ったのに、
火加減を誤り焦がしてしまった...玉子によく火が通るようにと火にかけ過ぎたのが原因バッド(下向き矢印)
この「Cooking Book」でリベンジ企画でもやりますかexclamation&question



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

新年明けましておめでとうございます

IMGP3928.jpg

新年明けましておめでとうございます
A Happy New Year
Bonne Annee


2010年、新たな年の幕開け。
新たなひと巡りが始まる今、
ここには、再生の光が満ち溢れている。

再生とは、過去との断絶ではなく、
昨年一年の様々な経験を胸に、
嫌なものを切り捨てず、
苦手なものを避けることなく、
そのすべてを伴って結実するべく、新しく生まれること。

この1年が実り多きものとなりますように!
今年もどうぞ宜しくお願い致します。


↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 01:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。