2009年12月29日

交流会

IMGP3886.jpg
つくばの「インカローズ」にて。



1ヶ月間も完全に放置していたこのブログ、やっと更新できた。

この間、精神的にも肉体的にもストレスでボロボロ...
でもその分、今まで気付かなかったことに気付くことができ、
それを境に新たな仕事や出会いが舞い込んでくることになった。

試練とは忌み嫌うものではなく、そこに孕まれている「呼びかけ」を聞くことで
思いもしなかった現実が開けたりする。
私にとっては「人生の棚卸し」とでも呼ぶべき、ターニング・ポイントだったとつくづく思う。


そんな新たな出会いのひとつが、先日の土曜日につくばで行われた
「一歩踏み出すキャリア養成講座シリーズVO.5/特別交流会編」
に参加させて頂いたことだろうか。

主催者は、クリエイティブディレクターの尾又さん。
彼が開催している「つくば市民大学」の講座に、
この夏参加させて頂いたのがご縁でご連絡を頂いた。

即行で参加の返事をさせて頂いたのは、
既に新たな出会いをいくつか頂いていたということもあり、
この流れに乗ってみようと思ったことと、
やはり元来の好奇心旺盛な性格が顔を出したということだろう。

つくばと水戸で交流会を開催するとのことだったが、尾又さんから
「なかなか魅力的な方々が集まるので、つくばに参加しませんか?」
とお誘い頂き、せっかくお声掛けして頂いたのでお邪魔させて頂くことにした。

10名ほどのアットホームな集まりだったが、
集まった方々は「しっかり自分を持っている方々」という感じ。

それもそのはずで、皆さん、新たなフィールドの開拓者だったり、
スペシャリストだったり、経営者だったり...
それぞれが「speciality」を持って発信している方々。
いろんな分野で頑張っている方々を知り、良い刺激を頂いた一夜だった。

今回、出会いを頂いた皆様、ありがとうございましたexclamation
またお会いできますようにexclamation×2


この1ヶ月間、人との出会いを改めて考えた時だった。
そんな時、ふっと昔観た映画のフレーズが脳裏に浮かんできた。
結局、縁ってこういうモノなのじゃないかとつくづく思う。
その縁を無理に手放す必要はないけれど...

If you want something very badly,
set it free.
If it comes back to you, it's yours forever.
If it doesn't, it was never yours to begin with.


「どうしても欲しいものがあるなら、手放してみるといい。
もしあなたの元へ戻って来たら、それは永遠にあなたのものになる。
もし戻って来なかったら、それは初めからあなたのものじゃなかったってことだ。」



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 13:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事絡みのよもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。