2009年11月29日

あんまり可愛くて...

IMGP3867.jpg 
IMGP3868.jpg 

第2&第4土曜日の午前中は水戸内原中央公民館で
『キッズ・メイツ』という小学生対象のクラスを担当させて頂いている。

小学1〜3年生と小学4〜6年生とに分けた2クラス編成で、定員は各20名。
公民館主催のキッズ英語クラスなので、実際には水戸市の生涯学習課が行っている。
受講生は無料で参加できるという、とてもオイシイ講座なのだ!

無料というのは良いようだが、
時として「どうせタダだから、休んでもいい!」という傾向にも成り易い。

常時何人かのお休みがいて、全員が揃うと言うことは滅多にない。
それでも昨日の小学1〜3年生クラスでは、久々にほぼ全員が顔を揃えるという快挙exclamation&questionだった。

今年のこのクラスは半分以上が小学1年生だ。
私はあまり幼いうちから英語を教えない主義で、ウチのNPOの教室でも、
早くても小学3,4年生ぐらいから始めることをお勧めしている。

『キッズ・メイツ』を除いては、こんな小さな子ども達に出逢うことはない。
小学生の1、2歳の歳の開きは、精神的にも肉体的にも大きな違いで、
やはり「できること」と「できないこと」の差も顕著だ。

大人数クラスなので、いつもテーブルは使わず、床に座ってもらっている。
何か書いたりするときも、みんな床に寝っ転がって、思い思いの姿勢で自由に書いてもらう。

今回は久々にアルファベットの書き取りを授業に取り入れてみた。
今日のお題は「E」「e」!
みんな懸命に取り組んでいる姿が、何故か無性に可愛らしくて、
思わず子ども達にカメラを向けていた。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 01:32| Comment(2) | TrackBack(1) | レッスン模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

エミール・ガレ展

IMG_0001.jpg IMG_0002.jpg


3連休も今日で終わり。
何だか、いつにも増してあっという間だったような気がする。

連休初日の土曜日は、笠間市にある茨城県陶芸美術館へ行ってきた。
『エミール・ガレ展 ―ガラスの植物学者― 』が11月29日まで開催されている。

エミール・ガレは言わずと知れた
アールヌーボーを代表とするフランスのガラス工芸家だ。

ガレが活躍した19世紀末のヨーロッパでは、
異国趣味やジャポニスムが大流行した時代だった。

可憐な花々や昆虫たちをモチーフにしたガレの作品は、
自然の中に美を見い出す日本人を大いに魅了してきたことは容易に想像できる。
現に、日本国内にガレの最高品質の作品群が
コレクションされていることでも、これを窺い知ることができるのではないだろうか。

この展覧会で初めて知ったのだが、
ヨーロッパでは昆虫は忌み嫌われる存在だったようだ。
もちろん工芸品のモチーフになるなんてことは、ガレ以前には無かったらしい。
ということは、日本人のように虫の声に耳を澄ませ、
季節の移ろいを感じるなんて感性は皆無だったのだろうか。

ガレが日本人の「もののあわれ」を体得したと言われる所以も、
案外そんなところにあるのかもしれない。


↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
 
posted by Dr. Lingua at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸術鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

個性的なモノ

ここ1〜2ヶ月内に購入したモノをブログにでもアップしようと思い、
写真を撮っていたのだが、すっかり溜まってしまった。

私が「いいな!」と思うものは、他の人から見るとかなり個性的なモノらしい。
最近では私もさすがに自覚し始め、オーソドックスなアイテムも物色しているのだが...
百聞は一見に如かず!「個性的なモノ」という括りで一挙公開exclamation×2


↓こちらは、一目惚れして買ったビーズと革の指輪。
 友人のいわしとランチしたお店で購入。彼女曰く「凄く自己主張している指輪」との事。
IMGP3668.jpg


↓ツモリ・チサトの財布。
IMGP3590.jpg


↓フーシャ・ピンクのフェルトバック。
 ピンクと黒のコントラストがドラマチックぴかぴか(新しい)
 これ、結構売れているらしい。既に完売!
IMGP3834.jpg


↓レザーベルト黒2本。
 左は私の大好きなスタッズ付き。しかも、ゴールドとシルバー!
 右は「個性的なモノ」の中で、唯一対象外となるオーソドックスな黒のベルト。
IMGP3833.jpg


昨日、美容室でアシスタントの女の子に、
「美容部員さんですか?」と聞かれてしまった...

「よく言われるんですけど違いますよ。一応、教育関係です。」
と苦笑しながら答えたが、かなり複雑な心境だった。

彼女は私が京成(水戸では老舗のデパート)の美容部員だと思ったそう。
デパート限定なのが面白かった。結構、想像力豊かな方らしい。
「でも〜、教育関係には見えないですね...」ときっぱり。

私は英語やフランス語を教えているから、
こんなでも辛うじて許して貰えていると勝手に思い込んでいた。

帰国子女と勘違いされて、「先生は海外生活長いから仕方ないよね」といったノリで、
好意的に捉えて下さっていることを祈るしかない。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

インターナショナル・ワークショップ延期のお知らせ

本日開催される予定となっていた『International Workshop Vol.2』は、
急遽中止させて頂き、後日に延期させて頂くことになりました。

今回は申込みを頂いていた方々より、
インフルエンザや体調不良を訴える方々のキャンセルが多く、
急遽、このような形で対応させて頂くこととなりました。

今回のゲスト、シューズ・クリエイターの実久直子さんは、
「人数が少なくても行きますよ!」と言って下さったのだが、
私としては、せっかく来て下さるからには、
出来るだけ多くの方々に参加して頂きたいと、
リベンジ企画として再度開催させて頂くことに致しました。

具体的な日程はまだ未定ですが、
直子さんの海外での道の開き方、夢を手に入れる姿勢、
そして外国人との気負わないコミュニケーションの秘訣など、
きっとパワーを頂けることでしょう。
是非多くの方々にお聞き頂きたいと願っています。

リベンジ企画は詳細が決まり次第、ご報告させて頂きます。
これまでもう少々お待ち下さい。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


posted by Dr. Lingua at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

トカゲのピアス

昨日アップしたハロウィン・パーティの記事で書きそびれてしまったのが、私の仮装スタイル。

今年は、シルバーのトカゲのピアスを付けてみた。
IMGP3817.jpg 

↓アップにすると、こんな感じ。結構、存在感もある。
IMGP3810.jpg

さて、先日のハロウィン・パーティでは、
黒のベルベットのドレスに、黒いとんがり帽子で魔女に扮したのだが、
これだけでは昨年と変わらない。

そこで、このトカゲのピアスを付けて、黒くネイルを施し、
フランスの蚤の市で買った大きな紫色の石がついた指輪をしてみた。
薬草をグツグツ煮ている魔女に、ちょっとは近づいたような気分になった。

「わぁー、先生、トカゲのピアスしてる!気持ち悪い!」と言う子供たち。
私個人の見解としては、アニエスb みたいで可愛いと思っているのだが、
子ども達にはこのピアスの良さが全く理解できないようだ。残念バッド(下向き矢印)

常陸大宮教室では、ハロウィン・パーティー終了後に中学生の3者面談が予定されていた。
真っ黒い長い爪をして、トカゲのピアスを付けて3者面談する先生は、
いくらパンクでも、ヘビメタでもいないと思う。

私の服装が失礼にならないように、ハロウィン・パーティが終わったばかりだと説明すると、
「先生、黒い爪似合いますねぇ」とか、「そのおっきな石の指輪、可愛いですよ」などと、
お母様方の反応は以外にも好意的なものばかりだった。

マニアックなモノが似合うと言われて、
喜んでいいのか、ちょっと複雑ではあるのだけれど...


ちなみにピアスは、英語で「pierced earrings」(ピアスド・イアリングス)という。
単に「earrings」と言うこともできる。
日本のように「pierce」(ピアス)といっても、
「突き通す」とか「刺し通す」「穴を空ける」という意味しかないのでご注意を!




↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ハロウィンの夜

10月30日〜31日に行ったハロウィン・パーティの模様をダイジェストでご覧あれexclamation×2

常陸大宮教室では、
間違い探しゲームに皆が真剣に取り組む様子をパチリカメラ

IMGP3727.jpg IMGP3729.jpg


さあ、これから「トリック・オア・トリート・ツアー」(Trick or Treat Tour)に出発exclamation
IMGP3730.jpg 
IMGP3738.jpg


水戸では、フランス語の生徒さんのMさんとTさんのお宅でも、お菓子を配って下さった。
しかもお2人とも、私がお渡ししたお菓子の他に、たくさんお菓子をご用意して下さっていた。
これには、ウチの生徒たちも味を占めるに違いない!
ハロウィンでいっぱいお菓子が貰えるお家って思っているんじゃないだろうか...exclamation&question
IMGP3758.jpg

今年はMさんの愛娘Yちゃんがプリンセスに変身して、
「Here you are.」(はい、どうぞ。)と英語でお菓子を渡してくれる。
IMGP3762.jpg

プリンセスY嬢にウチの生徒たちもノックアウトパンチ「カワイイ!」を連発。
Yちゃん、お勤めありがとう黒ハート
IMGP3763.jpg


今年もご父兄の方々やご近所の方々にご協力頂いて、
子ども達も大満足なHappy Halloweenとなった。

今年は事前に英語のセリフを協力家庭に配布させて頂き、
訪問する子ども達に英語で対応して欲しいとリクエストさせて頂いたのだ。

こんな私の無理なお願いにも皆様、本当に快くお引き受け下さり、
あるお母様は事前にお子さんと暗記するまで練習し、
当日は緊張と恥ずかしさで汗だくになりながら、英語のセリフを一人ひとりに言って下さった。

ご協力頂いた皆様、お一人おひとりのお心遣いに感謝致します。
皆様にいつもこうして支えて頂いていることを改めて実感させて頂きました。
本当にいつもありがとうございます!



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 02:21| Comment(0) | TrackBack(1) | レッスン模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。