2009年06月29日

週末レポート

先週末はかなり忙しかった。
金曜日の寺子屋ohmiyaから始まり、土曜日午前中の水戸内原中央公民館の
「Kids' mates」、午後から「英語サロン」、そして夕方から臨時オープンした「お勉強カフェ」
...と、Non stop で、かなりエネルギーを消耗してしまった。

翌日の日曜日は、午前中に仕事絡みで友人R子が5歳になる息子同伴訪ねて来てくれた。
1時間半くらい話をしてR子は帰っていった。

休日の午前中は大抵ゆっくり過ごしているので、
友達が訪ねてくれると早起きが出来て、
一日を有意義に過ごせるような気がする。

その後、那珂市にある一乗院で行われている骨董市に久し振りに行ってみる気になった。
この骨董市は骨董やアンティークではない店が多く、普段は殆ど行くことはない。

IMGP3170.jpg IMGP3169.jpg

ぶらぶらと会場を歩き回り、
結局最初にいくつかの品物を見せて頂いた店に戻ることにした。
そこのご主人と店の品物について話をする内に、
最初は目に入ってこなかったモーブというような紫色のガラス皿が目に留まった。
葉っぱの模様がプレスされている豆皿である。
昭和初期のものらしく、なんともレトロな雰囲気が気に入った。

その皿と同じような色をしたブレスガラスのグラスを見付けた。
合わせてみると、偶然にも色味は殆ど同じである。
こちらのグラスは時代はもうちょっと下がって大正とのこと。
グラスの淵も良く見ると、凸凹している。

カップ&ソーサーのように組み合わせてみると、
なかなか良い感じに仕上がった。
4点で丁度¥1,000也〜exclamation×2

この値段だと骨董とは呼べないが、
現代の大量生産品には無い味わい深い器に出会える。
そんな昔の雑器を日常生活に取り入れるのが好きだ。

ご主人の「連れて行ってあげて下さい」という声が、
なんとも優しく耳に響いた。
平日は商社で働きながら、週末は骨董市で露店を構えていると仰ったので、
「いいですねぇ。二束のわらじですね!」と言うと、
「二束のわらじがボロボロです」と微笑まれた。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

posted by Dr. Lingua at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 骨董・Antique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

パリジェンヌが書いた「今日を楽しむパリの暮らし方」

一昨日、近くの本屋にぶらっと出掛けて、
さらっと読めそうな本を見付けて買ってみることにした。

『今日を楽しむパリの暮らし方』 ドラ・トーザン著
DoraTauziu.jpg

この本の最初に著者の写真とプロフィールが載っていた。
彼女の顔に見覚えがあると思ったら、
NHK『フランス語講座』にレギュラー出演されていた方だった。

さて、このタイトル、いかにも日本人女性が好みそうだが...
生粋のパリジェンヌがパリについて日本語で書いたものって、
こんなに多くないのではないだろうか...

反対に、パリ在住の日本人女性がパリに付いて書いた本は結構ある。
最近では、中村江里子さんを筆頭に、雨宮塔子さん、中山美穂さんがいらっしゃる。

パリは世界中の人々に愛される街。
パリについて書かれた本は異常に多い。
ニーズが無ければ、これだけ多くの著者が同じようなテーマで書くはずが無い。

パリに憧れながらも、
第2の都市といわれたリヨンを敢えて留学先に選んだ私...
その理由は色々あるが、今思えば、
あくまでパリは憧れの場所にしておきたかったからかもしれない。

この本は2時間足らずで読み終えてしまったが、
フランス留学時代を懐かしく思い出すことができた。

そして、その当時「どうして?」と不思議に思ったフランス人の言動が、
この本を読んで妙に合点がいくのが面白かった。
やはりフランス人が書いているからだろうか。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

早起きの恩恵

IMGP3151.jpg

暫らく体調が優れず、ブログの更新もままならなかった...
週末はゆっくりしたお陰か、やっと本調子に戻ったようだ。

今朝は珍しく早起きした。
5時に目が覚めてしまい、もう一眠りしようとしたが、
眠れないので起きることにした。

外は小雨が降っているが、白々と明るくなっていた。
庭に出てみると、目が覚めるような鮮やかな朝顔が咲いていた。
こんなにまじまじと朝顔を見るのは、実に小学生以来かもしれない。
夏休みに朝顔の観察日記を書いたことをおぼろげながら思い出した。

種を撒いたわけでも、苗を植えたわけでもないのに、
庭に朝顔が咲いているのはフランス語のTさんのお陰。
3週間ほど前、小さな苗を4つほど植えてくれたからだ。
これらの苗は、こぼれ種が発芽したものらしい。

朝顔は英語で「morming glory」(モーニング・グローリー)というが、
そのまま訳せば「朝の栄光」とでも言えようか...

早起きは三文の徳というけれど、私は宵っ張りの朝寝坊。
そう、典型的な夜型人間。
英語では「night owl」(ナイト・オウル)といい、「夜のフクロウ」という意味。
反対に、朝型は「早い鳥」で「early bird」(アーリー・バード)という。

この夏は、「early bird」で朝顔観察といこうか。
しかし、この時間帯にブログを更新していることが既に夜型人間だ。

明日はイオン水戸内原で『子育てママのバイリンバル育成講座』のレッスン2回目。
さぁ、もう寝なくては。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 01:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

紫陽花「Hydrangea Otakusa」

IMGP3134.jpg 
IMGP3144.jpg IMGP3148.jpg


庭の小さな2本の紫陽花が咲き始めた。
白いガクアジサイだろうと思う。
昨春、母が庭に植えていったものだ。
その時は私に何も訊かずにまた勝手にそんなもの植えて...と思ったのだが、
ガーデニングに目覚めた今では、我が庭に紫陽花が咲いていることが嬉しい。

梅雨時期に咲く紫陽花は、憂いを帯びた風情がある。
日本原産の紫陽花は日本人に好まれる花なのだろう。

通りなれたいつもの道に車を走らせていると、
通り沿いの家々の庭先から紫陽花が顔を覗かせているのに気付く。
この時期は至る所で紫陽花を見かけることになる。

紫陽花を見ると、いつも思いを馳せるのは、
シーボルトとお滝さんのロマンスだ。

日本原産の紫陽花がヨーロッパに伝わったのは、
江戸時代に来日したドイツ人医師シーボルトがオランダに持ち帰ってからだという。

彼は紫陽花に「Hydrangea Otakusa」(ハイドランジア・オタクサ)という学名を付けたが、
長らく「Otakusa」が何を意味するのか分からなかったと言う。

日本に残してきた妻「お滝」に因み、
「オタクサ」と名付けたと言うのが現在では通説になっている。
外国人の彼には、「オタキサン」が「オタクサ」と聞こえたのだろうか。

スパイ容疑をかけられ国外追放を言い渡されたシーボルトは、
愛妻を偲んで紫陽花に彼女の名前を付けた...
その恋物語を知ってか知らずか、紫陽花の花言葉は「忍ぶ恋」というのだとか。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
posted by Dr. Lingua at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

観葉植物の植換え

シコタマ買い込んだ花や植木は、何とか庭に植えることが出来た。
日々少しずつ作業をしながら丸1週間が過ぎてしまった。
しかし...アイビーの場所が未だ決まらず、そのままになっている。
早く定位置を探してあげなければ!

前々からずっと気に掛けていた観葉植物の植え換えも済ませた。
気付かぬ内に虫に遣られて、すっかり弱っていた。

先ずは、アレカヤシ。
IMGP3117.jpg
葉に綿のような白いものが付いているなあ〜と思っていたら、
どうもカイガラムシらしいということが発覚した。
そうと知ったら、全く触れなくなってしまった。
たっぷり霧吹きをし、葉を一枚一枚綺麗に拭いて行く。
一回り大きな鉢を新たに購入し、鉢換えも終了。


大好きなアンスリューム。
IMGP3122.jpg
最近元気が無かったのだが、いつの間にかアブラムシに遣られていた。
早速、殺虫殺菌剤を撒布し、ベランダに数日間放置した。
アブラムシがすっかり姿を消したところで、
やっと触れる状態になったので、土換えをし、古い葉を切り落とす。
すっかり小ざっぱりとし、清々しい。


そして、スパティ。
IMGP3119.jpg
こちらは購入した時の簡易な鉢のまま1年以上が過ぎ、
植替えをしてみたら根詰まりをしていた。
お気に入りのぽってりと肉厚で素朴な鉢に植え替えてみた。
今後は可憐な白い花をもっと大きく咲かせるだろう。


最後に、大好きなスモーキー・ツリーを
首の長いレトロな花瓶に生ける。
今度は庭にもこの木を植えたいと目論んでいる。
IMGP3115.jpg

IMGP3116.jpg



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

posted by Dr. Lingua at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

注目の語学番組と読書

IMGP2995.jpg

今年の4月からNHKの語学番組『トラッド・ジャパン』のコンセプトに共感し、
時間があれば見るようにしている。
日本の文化を英語で紹介するこの番組は、『Begin Japanology』を基に作られたとか。
あちらは外国人向けに日本文化を紹介する番組。ピーター・バラカンが講師を務める。
確か真夜中に放送されているものを何度か見たことはあったが、
いい番組だと思いながらも放送時間の関係で積極的に見ることはなかった。

『トラッド・ジャパン』で使われている英語は単語や表現など易しいものが多いので、
テキストは購入せずに番組だけを見て、気になるところは書き留めておいた。

それが先日、本屋でこのテキストを見掛けて、即購入することにした。
まず単行本のようなサイズがいい、表紙も実にいいデザインだ。
そして、パラパラと捲ってみると、一冊の本として完成されているかのような内容にも満足した。


さて、ここ2、3日英語に関する本を併読している。
只今、この2冊を読んでいるところだ。

英語を子どもに教えるな (中公新書ラクレ)
市川 力 (著)


米国在住の日本人子女のための塾講師であった経験から、
日本語も英語も身に付かない「帰国生」を数多く見てきた現実を踏まえて、
早期英語教育に警鐘を鳴らす。

まだ途中だが、私には非常に共感できる内容だ。
読み終えたら、また改めて感想を述べたいと思う。


もう一冊はこちら。
生きている英語―ネーティブになる方法 (丸善ライブラリー)
松本 安弘 (著), 松本 アイリン (著)


この本の中で、日本人英語の弱点について考察されているのだが、
1989年1月9日号のタイム誌に「日本人は英語好きだが、英語下手」という見出しで
竹下元首相のエピソードが紹介されていたという。

竹下元首相は政界入りするまでは島根県で英語の教師をしていた。
1988年に首相としてワシントンを訪問した際の記者会見で
「私の英語の発音はひどいので、この後は日本語で話し、通訳をつけます」
「かわいそうなのは昔、私から英語を習った生徒たちです」
「当時の生徒は今日のような通訳なしで私の英語の授業を受けなければならなかったのですから」
などと言って記者たちを笑わせた。

記者会見でこんなジョークをさらりと言えるなんて、シャレが利いた方だ。
このジョークを英語で言えたら、アメリカ人記者たちもきっとタジタジだっただろう。
そんな日本人が出てきて欲しいと思ったりして...



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ
posted by Dr. Lingua at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | おススメの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

男の友情

金曜日の寺子屋ohmiya、男の子オンリーの小学3&4年生クラスで
いちばん年下の小3の男の子がレッスン中に泣き出してしまった。

小学生クラスでは稀にレッスン中に泣き出す子がいる。
殆どは体験レッスンの時で、最初から全て英語で行うレッスンにびっくりしてしまうようだ。
では、その子供たちが入会しないのかといえば、そんなことはない。
数ヵ月後、泣いた理由を聞いてみるが、「わかんなーい」という返事が返ってくるだけだ。

それ以外の涙は悔し涙だ。
負けん気が強い子ほど、答えられない時に、じわじわと目に涙が溢れてくる。
今回もそうだった。ひとり一人が質問に答えていき、
皆が答えられたのに自分だけが答えられないことを知った瞬間、
火が付いたように泣き出した。

私は泣きじゃくる男の子の様子を伺いながら、
「メモリー・マッチング」という定番ゲームを始めることにした。
いわゆる神経衰弱というやつだ。

いざゲームを始めても「ぐすん、ぐすん」やっていたが、
同じカードを引くことに成功した。
すると、他の男の子達が皆次々に泣いていた男の子にハイタッチを始めた。
彼の名前を呼び、「すげー!」「やるじゃん!」と励ます。
1組揃うと、もう2枚カードをめくることができる。
「頑張れ!もう1組取っちゃえ!」
いつもはライバル心旺盛な彼らが口々に半べそ君にエールを送る。

こんな様子を見て何とも清々しい気持ちになった。
女の子だけで同じ状況になったら、皆押し黙って事の成り行きを伺うか、
または見てみぬフリをする。(...ことが多いような気がする)
なるほど、これが男の友情ってやつか...exclamation&question(違うかな...?)
ちっちゃいながらも彼らはオトコなんだ。
私は心の中で彼らに拍手を送っていた。皆カッコイイよ揺れるハート



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ
posted by Dr. Lingua at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ガーデニングに目覚めたら

IMGP3106.jpg IMGP3108.jpg IMGP3109.jpg

先日のオープンガーデン・ツアー以来、
ムクムクとガーデニングの虫が疼き出した。

イメージを養うために『パリのナチュラルガーデン』という本を購入した。
「ナチュラルに花と緑とあそぶパリジャン流ガーデニングライフ」というサブタイトル付き。

イギリスとフランスで暮らしていた時は、ヨーロピアンにかなり感化された。
イギリスでは日光浴に勤しみ、フランスではオープンカフェでのコーヒーやワインを楽しんだ。
日本に帰って来て今年で10年...
外で過ごす時間に意義を見い出すことすら出来なくなってしまっていた。
ヨーロッパ的価値観はすっかり陰を潜めていた。

ところが先日のオープンガーデンで頂いたお茶とケーキの美味しさはどうだろう。
自然の中で過ごすゆったりとした時間を思い出した瞬間だった。

そうなると居ても立ってもいられなくなり、
ガーデンテーブルとチェアーを買い揃えようと思い立つ。
...が、殺風景なこの庭にガーデンテーブル&チェアーを置いても、
何とかサマになるような庭を造らなければ、と一念発起。

  
昨日の打ち合わせに出掛けた折に立ち寄った農業学校内のショップや農家の店などで、
ガザニアやキンギョソウ、アイビー、ゴールドクレスタを購入した。
IMGP3082.jpg

無造作な感じで実は緻密に計算されている様な寄せ植えも買い込んだ。
IMGP3099.jpg


庭に植えようと思い、ミモザ、ユーカリ、ラベンダーなども近くのホームセンターで手に入れた。
特にミモザは成長がかなり早いそうだ。
このミモザが3年もするとこんな立派な木になるらしい。
IMGP3084.jpg  IMGP3035.jpg


とりあえず、玄関にシンメトリーに置いた寄せ植えの植替えをすることにした。
中央にゴールドクレストを置き、その廻りにピンクのガザニアとアイビーを配置する。
なかなかシックに出来上がったと自己満足の寄せ植え↓
IMGP3094.jpg IMGP3097.jpg

まだ購入した花や植物の半分も植えていない。 
明日は午前中はガーデニングに専念しなければ...
遣らなきゃならないデスクワークはいくらでもあるのに、
思い立ったが吉日といきなりガーデニングに目覚め、
花や植物をシコタマ買い込んだものだから始末が悪い。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ




posted by Dr. Lingua at 01:39| Comment(2) | TrackBack(1) | 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

幸せのひよこ号!?

IMGP3080.jpg

友人S宅に遊びに行った時に面白い物が配達されてきたので、
ダンナ様のお許しを得て写真を取らせて頂いた。
色といい、形といい、これは「ひよこ」ひらめき
その名もPiiyo(ピーヨ)exclamation×2

ダンナ様が通勤用に使うと言うが、登録は原付バイク扱い、
走行時は車両法規に従うという、どっちつかずの良い所取りミニカー車(RV)

近所の子どもたちに「何、あれ?」「かわいい!」などと言われ、
指差されて追いかけられそうな代物...

京都か何処かのクローバー・タクシーというタクシー会社で、
四葉のクローバーが描かれたタクシーを数台走らせており、
「そのタクシーに乗った人は幸せになれる」なんていう噂があるという。

このPiiyo号も同じ様な噂を振りまくのではないだろうかexclamation&question
ご近所でどんな噂が流れるか、乞うご期待であるるんるん



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ
posted by Dr. Lingua at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

充実した週末 その2

オープンガーデン・ツアーから帰宅してちょっと遅いお昼を食べる。
少しゆっくりしてから、新築した友人S宅へ泊まりに行く準備をする。
そして、いそいそと夕方から出掛けた車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

高速道をそんなに飛ばしたわけではなかったが、
水戸から南下すること40分足らずで最寄の谷田部ICに到着してしまった。
ウィークデイの夕方で車が少ないからか、高速道は至ってスムーズ。
しかも17時以降の利用だったため、¥850という格安料金だった。
これなら多少距離があろうと、会いに行くのもそれほど苦にならない。

楽しみにしていた家新築のS宅。
床は全てダーク・チークを使い、間仕切りやドアも色味を合わせて、
ダーク・ブラウンに統一したとのこと。
そのため重厚な雰囲気作りに成功している。
外観も内装もアーパンという感じのモダンなデザイン。
アーバン「Urban」とは、「都市の、都会的な」というような意味の言葉だ。

Sとの会話も楽しかったが、2歳半になる彼女の息子との会話が実に面白い。
以前は私の顔を見ると泣き叫けび、正に天敵状態だったのだが、
暫らく見ない間にすっかり大きくなり、もう赤ちゃんという感じではない。

私の顔を見るなり、「お姉ちゃん、こっち来て!」と言いながら、私の手を取る。
こんな小さな子に「お姉ちゃん」と呼ばれ、内心は嬉しいながらも、
私は思わず「ここには、お姉ちゃんはいないんだよ。」と言い、
「でも、よく教育されてるね〜」と苦笑したあせあせ(飛び散る汗)

いつ「おばちゃん」と呼ばれるか冷や冷やしていたが、
その後も「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と言いながら、
私の手を引っ張ってあちこち連れて行こうとする。
女心がよく分かったチビだ。

新居との雰囲気もばっちりなお香と香立てを発見。
蚊取り線香状の個性的なお香は炊きはしなかったが、
セットの香立てもかなりモダンで素敵だったので取り合えず写真だけ。
IMGP3073.jpg IMGP3075.jpg

Sとは久々の再会ということもあり、他愛も無い話をしながら、
ゆったりした週末を過ごすことが出来た。
天気はイマイチだったが、充実した週末だった。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ
posted by Dr. Lingua at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

充実した週末 その1

土曜日はかわいいオープンガーデン・ツアーへ。
オープンガーデンとして庭を開放している個人宅があるとは聞いていた。
薔薇の咲くこの季節に期間限定で行われているようだ。
薔薇愛好家のTさんの発案で、いつものフランス語チームでオープン・ガーデン・ツアーを決行した。

最初にお邪魔したガーデン↓
IMGP3011.jpg IMGP3025.jpg
IMGP3029.jpg IMGP3028.jpg

最長2mにもなるという巨大アザミに魅了された。私の背よりも高い。
IMGP3015.jpg


2件目は、ローズ・ガーデンぴかぴか(新しい)
IMGP3044.jpg IMGP3039.jpg 
IMGP3048.jpg IMGP3057.jpg

実はこちらのお宅は、今年の『園芸ガイド』4月号にも掲載されている。
この日も朝から観光バスでお客さんがいらしたというから驚きだ。
IMGP3061.jpg IMGP3062.jpg

アールグレイと手作りのパウンドケーキを頂きながら、
リバティーのバッチワーク・スカートを身に着けたマダムの軽快なお話も心地よい。
IMGP3059.jpg


最後の3件目は、オープンガーデンとして開放されているわけではなかったが、
Tさんのお知り合いが以前訪問されたというたくさんの薔薇を栽培されているお宅。
突然の私たちの訪問を快く受け入れて下さり、ご夫妻で次々にたくさんの薔薇を見せて下さる。
IMGP3064.jpg IMGP3066.jpg
話の成り行きから、私が薔薇の接ぎ木をすることに...exclamation×2
それがこの『ツクシイバラ』という素朴で可憐な薔薇。珍しい品種だという。

しかも、ご主人が丁寧に接ぎ木のレクチャーをして下さった。
願わくば、この接ぎ木が無事根付いてくれますように。
IMGP3067.jpg IMGP3069.jpg


花に癒され、人の温かさに触れ、充実したプチ・ツアーとなった。
プランだけで手付かずの私の庭。
まずは、ガーデン・テーブルとチェアーだけでも手に入れてみようか。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ


posted by Dr. Lingua at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。