2009年01月30日

「企画書」モドキ

IMGP2697.jpg

これまで自己流に「企画書」を作ってきた私。
現在、他のNPO法人とのタイアップである企画を計画中なのだけれど、
そちらの事務局長からもっと簡潔に分かり易く「企画書」を書き直すように言われた。

専門知識が無い方にも、一目で分かる明瞭さとインパクトに欠けるらしい。

「図書館にも『企画書の書き方』というようなハウツー本が置いてありますよ。」

そう言われ、半信半疑で近くの市立図書館へ。
私は普段殆ど図書館を利用しない。
何故か分からないが、読んでみたい本は買うものであり、
借りるものという感覚がなかったからかもしれない。
無論、図書館利用者カードなる物を作ったことも無い。
企画書に関する本を図書館司書に探して頂き、館内に関連書が5冊もあったことに驚いた。

5冊全部を借りて来て、全てに目を通す。
この時点でやっと「企画書」の本来の意味が理解できたように思う。
コンセプトを纏め、レイアウトを考えてから、パソコンに向かう。
久し振りの貫徹。出来上がったのは、翌日の朝、6時半。
その後は、清々しい思いで眠りに付いた。

今まで私が「企画書」と呼んでいたものは、「企画書」モドキとしか言い様がない。
自己流で無く、基本に忠実に行うことの大切さを実感した。
もちろん、この「企画書」はダメ出しされることなく、OKを頂いた。



↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ
posted by Dr. Lingua at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

頭が真っ白になる出来事

日曜日は笠間市の「栗の家」で開催されている骨董市を20分ほど覗いた。
その「栗の家」から歩いて5〜10分ほどのところに住んでいる友達を訪ねる道すがら、
どうしても素通りできず立ち寄ってしまった。

そこで明治から幕末期と思われる印判手の深鉢が目に留まった。
私は通常印判手は好まない。しかしこの鉢は、唐草模様と構図、
そして大きさ(直径20cmほど)に惹かれた。
印判手は決して高価な物ではない。この器も手頃な価格だった。
ポプリでも入れようか、それとも生け花用の花器にしようかなどと思いを巡らしながら購入した。

その鉢を買ったその日に割ってしまった。
見るも無残なこの有様。

IMGP2694.jpg

帰宅時には買物袋がいくつかあり、両手に大きな袋を抱えて車から降り、
玄関の上がり端にそれらの袋を置こうとした時、何故寄りによって、
この鉢が入った袋を手から滑らせてしまったのか...
「あっ!」と思った時には、大きな音を立てて、私の足元に破片となってしまっていた。


頭が真っ白!
この際、値段は関係なかった。
気に入って買った物を、愛でる前に取り上げられてしまった一抹の寂しさ、
そして、100年以上の年月を無事に生き抜いてきた磁器の命を
奪ってしまったような罪悪感が付きまとう。
割れた瞬間の嫌な音が何度も再現される。


こうなったら、金継ぎでもしてみようか。
金継ぎと言われても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれない。
金継ぎとは、欠けたり割れたりした陶磁器を漆で接着し金粉で繕う、
日本の伝統的な陶磁器の補充方法。

愛着ある器が割れてしまっても、諦めずに直して使う。
金継ぎは傷ではなく、新たな景色としてその魅力を楽しむ。
これこそ日本人の美意識exclamation×2


今回のショックな出来事で「頭が真っ白」という表現を使ったが、
英語で言うなら、こちら↓

 I went blank. 「私は頭が空っぽ(真っ白)になった。」

 ※ go blank : 頭が空っぽになる




↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ



posted by Dr. Lingua at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

新年おめでとうございます!

IMGP2660.jpg IMGP2666.jpg IMGP2672.jpg IMGP2664.jpg



Happy New Year !

Bonne Annee !




新年明けましておめでとうございます。

昨年のリーショック以来、世界中に不況の嵐が吹き荒れています。
100年に一度の不況とまで云われています。

新年早々辛辣ですが、
今年はますます深刻化すると云われていますが...

そんな状況下においても、
否、そんな状況下だからこそ、学べることがある。

それは「change:変わる」ということ。
そして「charge:充電する」ということ。
更に、どうやって次なる人生のステージを築き上げていくかということ。

私は恩師からそんな言葉を頂きました。
2009年の4月には、NPO法人 Lingua Akademeia は3周年を迎えます。
次なるステージに向かう時です。




↓ブログランキングに参加しています。
  英語と日常生活を融合するエッセンスをお届けできるよう頑張っています。
  毎日1回応援クリックぴかぴか(新しい)を是非ヨロシクお願い致します♪

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 インテリアブログへ



posted by Dr. Lingua at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。